日本語

agency@invest-khv.ru

+7 (909) 850-80-60

agency@invest-khv.ru    +7 (909) 850-80-60

文化

ハバロフスク地方はロシア極東の文化の都である。ここで毎年様々な文化行事が行われ、文化施設のネットワークが幅広く、文化遺産もすくなくない。

文化施設は、6つの劇場、サーカス、コンサートホール、44校の芸術児童学校、芸術カレッジ、8つの映画館、236のクラブ、317の図書館、17の博物館、7つの文化公園、植物園、動物園などを含む。不動の文化遺産も1320か所が国家登録を受けている。コムソモリスクナアムーレ市における芸術児童学校が2014年の全ロシアコンクールの結果、ロシアのトップ50学校の一つとされたのである。

ハバロフスク地方の文化施設がロシア極東だけでなくロシア全体にもそれぞれの分野において先頭に立っていると認められた。

ハバロフスク地方には極東の2つの一流博物館がある。それはまず極東美術博物館、ロシア極東において最大の美術博物館で、ロシア・外国の美術品の1万4千点を保管するものである。二番目はのハバロフスク地方のグロデコフN.I.名称博物館で、ハバロフスク地方だけでなくロシア極東の様々な郷土史博物館の上にも立つ博物館である。コムソモリスクナアムーレ市における郷土史博物館や美術館も沢山の展示品を持っている。現時点では地方の博物館において歴史、自然、文化、美術などに関する展示品は85万点ぐらいある。展示会のプロジェクトも毎年増えてきて2014年には625回以上の展示会が行われたのである。

ハバロフスク市にはドラマ劇場、ロシア極東に唯一のミュジカル劇、青年劇場、人形劇、無言劇、コムソモリスクナアムーレ市にはドラマ劇場、「陰の鏡」子供用劇場、青年劇場などがある。音楽劇場を含む様々な劇場は毎年1500回以上の劇ショー・コンサート(ツアー公演を含む)を行い、視聴者は14万人以上である。その劇団がよく国内演劇フェスティバル「黄金のマスク」の受賞者になったりする。

極東の交響楽団がハバロフスク地方及びロシア極東の名誉である。ハバロフスク室内合唱団もハバロフスク地方の誇りである。

2012年創立のナボロチキンN.D.名称地方子ども図書館は青少年レジャー‐センターとなり、青年の啓発に従事している専門家のために教育センターとなっている。

文化の年度にグロデコフN.I.名称博物館は再建後にロシアで唯一の「地下の迷路」見学者参加型展示会を開き、演劇的なところもあって、古代のことを説明する。その場合、顧客が古代の猟師、シャーマン、画家などになる形を採用する。

2014年に「アムール崖」会館においてハバロフスク市創設歴史を説明する展示会が行われ、市の名誉になっている。

19か所の自治区にはそれぞれ人気を浴びている施設、美術文化センターがある。地方に住んでいる様々な民族の文化を保存して発展させるには、16か所の自治区の民族文化センター、18か所の非営利組織の民族文化センターがあり、民族文化の日の行事などに参加するものである。

 

追加情報:

ハバロフスク地方文化省の情報

 


外部リンク

©2019 ハバロフスク地方の投資ポータル