日本語

agency@invest-khv.ru

+7 (909) 850-80-60

agency@invest-khv.ru    +7 (909) 850-80-60

電気通信

 

通信

マクロ経済指標

2016年地方総生産に占めるシェア:2.2%

2016年就業者数:10800人

当部門の特徴と利点

通信部門が資本集約性の高い産業なので、地域間の業者の大規模な支店はリーダーとしての立場を確立することができて、当地方の通信市場における高い競争率をもたらします。

最新技術の迅速な導入、伝統的な通信システムに対する需要の低下、消費者のニーズの変化などが通信部門の発展に影響を与えます。

2106年に当部門の売上高は176億3810万ルーブルで、前年の指標に対して97.6%を占めました。

大半(54.5%)のサービスは住民に提供されます。しかも、2015年に比べて2016年に住民に与えられたサービス量は13.8%減少しました。

2017年にハバロフスク地方の435ヶ所の市町村のうち373ヶ所(人口133万3000人、全体地方の人口の99.9%)において電話網を整備しました。人口400人以上のすべての市町村においてモバイルデータ通信システム導入されています。2012年から22ヶ所のベースステーションの稼動が始まったことによって人口1万6000人の33ヶ所の市町村においてモバイル通信を確保できました。

2017年4月01日現在、244ヶ所の市町村(地方人口の98.2%)においてインターネットへのアクセスができます。127ヶ所の市町村に光ファイバー線を設けました。

2012年から22ヶ所の市町村(人口1万4000人)において高速インターネット接続ができました。

2017年~2020年までに46ヶ所の市町村(人口6万2000人、地方人口の4.6%)に光ファイバー線の設定が計画されています。

ハバロフスク地方では、UMTSおよびLTEに基づく高速インターネット接続の技術も速いテンポで発展しています。2017年にUMTSに基づくインターネット接続は196ヶ所の市町村(地方人口の96.1%)でできました。LTEサービスは現在31ヶ所の市町村(地方人口の82.7%)で提供されています。

ハバロフスク地方では93ヶ所の施設を含む第1マルチプレックスデジタルテレビ放送ネットが稼動し、地方人口の97.6%に及んでいます。また、52ヶ所の施設を含む第2マルチプレックスデジタルテレビ放送ネットができて、2018年末までに93ヶ所までの増設が計画されています。現在、第2マルチプレックスデジタルテレビ放送ネットの中のテレビチャネルはハバロフスク市及びコムソモリスク・ナ・アムーレ市で見られます。

ハバロフスク地方では「グベルニア」テレビ放送局及び「ヴォストク・ロシイ」ラジオ放送局が事業を行う地方テレビラジオ放送ネットも稼動しています。アナログテレビ放送は296ヶ所の市町村(地方人口の98.4%)で行われています。「ヴォストク・ロシイ」ラジオ放送局による放送は281ヶ所の市町村(地方人口の95%)に受信されています。

2020年までに地方ラジオ放送網の近代化を計画し、結果でデジタル放送が実現できます。

通信事業者は、近い将来にビジネスで成功できる成長点の1つとして、ビッグデータに基づく機械間情報交換技術と分析ツールのデジタルソリューションを検討しています。知能システムを内蔵する高速なネットワークに接続する機械が最新のデジタルエンタープライズの重要な要素になります。このようなシステムのおかげで社会的ネットワーク、機械、モバイルガジェットなどによってパートナー、顧客、市場環境を結び合わせます。法人によって消費されるロシアのインターネット市場は、政府のプログラムやビジネス要求のニーズの影響を受けて、毎年成長していきます。

主要な企業

基本事業

企業名

地方総生産に占めるシェア(%)

無線通信

公開株式会社「モバイルテレシステム」ハバロフスク地方支局

0.24

音声伝送のための移動体通信サービス

公開株式会社「ヴィムペルコム」ハバロフスク市支局

0.15

有線通信

公開株式会社「ロステレコム」ハバロフスク地方支局

0.20

有線通信

公開株式会社「メガフォン」極東支局

0.16

郵便事業

「ロシア郵便」公共事業体極東地域兼ハバロフスク地方の支局

0.07

 


外部リンク

©2019 ハバロフスク地方の投資ポータル