日本語

agency@invest-khv.ru

+7 (909) 850-80-60

agency@invest-khv.ru    +7 (909) 850-80-60

商業・外食産業

商業はハバロフスク地方の経済・社会発展のために重要な意義を持つ分野の一つである。販売企業には地方の経済に参加している5分の1の勤労者が働いている。 小売業には、販売企業の3分の1、販売店面積60%が集中するハバロフスク市(地方全体の小売業売上高の7割ぐらい)が目立っている。人口で第2位を占めているコムソモリスクナアムーレ市の小売業売上高がかなり低く(20%)、地方の販売企業や販売店面積の15%しか集中していない。

商業の発展における主要な傾向のうちに近代的販売の仕方への傾きが特によく見られる。大型ショッピングセンター、スーパーマーケット、コンビニエンスストア、専門店などが積極的に建設されている。チェーンストアの設立が最も早くて効率のよい販売セグメントである。

建設・再建築の結果、2014年に277社の小売店ができ、販売店の総面積はほぼ5万1千2百平米であった。

地方における商業の発展の目的は、自治区にチェーンストア、多目的販売センター、コンビニエンスストアの開業で販売店の総面積を増やしていくことにある。

外食分野はハバロフスク地方の消費者市場において重要な位置を占めている。大都会における外食店にはあらゆる民族の料理店など様々なタイプのものがあり、価格帯もかなり違っている。

外食企業の数でハバロフスク市が第1位を占め、市内には600店がある(地方全地域の40%ぐらい)。コムソモリスクナアムーレ市において200店ぐらいが集中している(15%以下)。ハバロフスク市には当地方の7割ぐらいの売上量が当たる。

外食企業の数でハバロフスク市が第1位を占め、市内には600店がある(地方全地域の40%ぐらい)。コムソモリスクナアムーレ市において200店ぐらいが集中している(15%以下)。ハバロフスク市には当地方の7割ぐらいの売上量が当たる。

外食業では、短時間で作られる手頃な食品を提供するファストフードが優先的な位置を占めている。それに加えて、顧客が盆を持ちながら自由に食品カウンターに沿って動いている「フリーフロー」の食堂にも人気がある。

地方の都会の外食企業が与えているサービスの数も増えている。屋外イベント、行事にサービスを与える配膳業者、自動車で出前をする会社の数も増え、自治区の道路における料理屋にも人気さが高まっている。

ファストフードをもとにした、一般庶民向けの料理屋のネットワーク、社会的志向の料理屋、すなわち仕事・学習するところに外食サービスを与えたりする料理屋を設立するには将来性がある。

 


外部リンク

©2019 ハバロフスク地方の投資ポータル